Service

着信認証とは

あらゆるサービスの本人認証において、対象ユーザの保有する
電話番号から発信した情報を基に認証するサービスです。

Structure

着信認証のしくみ

Case Study

着信認証の活用事例

Case Study01

認証強化

課 題
  • 不正アクセスによる、ユーザの資産・権利・情報の不正利用
  • サービスの信頼性低下による利用者の減少、サービス停止
対 策
認証の導入により、重要なユーザ情報とサービスの信頼性を守る
対 象
ネットバンキング、オンラインレード 、決済 、口座開設、EC、ポイント、人材、SaaS、C2C等

Case Study02

多重排他

課 題
  • 不正な口座開設/連携、同一ユーザの多重登録(応募)による転売
  • 友達紹介を含むインセンティブ搾取等の不正利用
対 策
大量保持できない電話番号の認証により、多重登録に起因する不正を防止
対 象
金融口座開設、EC、チケット、ポイント、キャンペーン、初回登録特典、人材、C2C、サブスク等

Case Study03

コスト(工数)削減

課 題
  • ID/PW等のアカウント情報忘れの対応工数
  • 電話、書面などアナログ業務をユーザ側で実施可能にするWeb誘導
対 策
サイト上でのユーザ自己解決率を向上し、対応工数の削減及び業務効率化
対 象
保険、決済、EC、チケット、人材、ISP等、カスタマーサポート業務、書面/電話等アナログ業務オペレーション

Case Study04

登録情報精査

課 題
キャンペーンや問い合わせ等、集客時に重要なユーザ電話番号に虚偽や入力ミスが存在し、連絡ができない
対 策
確実に潜在顧客にリーチできる情報の取得及び効率的な顧客アプローチ
対 象
銀行、証券、保険、不動産、引っ越し、チケット、ポイント、人材、比較サイト、一括資料請求、集客/送客サイト等

Comparison

他認証との違い

認証強化

img

本人の電話番号からダイアルする為なりすまし不可。第三者が送信元を詐称するフィッシング詐欺対策に効果的。

利便性

img

画面に表示されている番号にワンコールするだけの 1STEP 認証。コード受信や入力などのユーザ操作が必要ない。

対応デバイス

img

携帯/固定電話/IP 電話/PHS/海外番号を含めた電話番号に対応。多様なデバイスから認証可能。

Quality

特性

比較項目 API版
低コストで柔軟な実装
高負荷環境での利用したい
ASP版
短期間で簡単に利用したい
導入工数 必要機能に合わせて柔軟に実装 jsタグを貼るだけで短期間で導入
コスト
※下記料金表参照
認証数に応じたコストメリット クレジットカードチャージで即利用
利用環境 大規模/高トラヒック対応 テスト導入や期間限定での利用に最適

※API版の詳細、お申込みはお問い合わせフォームからご連絡ください

Price

料金

認証リクエスト数/月 API版 ASP版 待機秒数
初期費用 認証単価 初期費用 認証単価
1,000以内 0 10,000円 固定 初回チャージ額
5,000円
※認証単価に充当
10
※認証時にチャージ額から減算
最長
120秒
1,0019,999 9円
10,00049,999 8円
50,00099,999 7円
100,000249,999 6円
250,000499,999 5円
500,000 お問い合わせ

Results

実績

導入企業の総会員数2億会員超!

Introduce

主な導入企業

  • ビッグローブ
  • CrowdWorks
  • DMM.com
  • チケットぴあ
  • 株式会社ジャックス
  • ceres
  • ベネフィットワン
  • CNプレイガイド
  • GMOメディア
  • GPOINT
  • ROI
  • SKIYAKI
  • TOKAI GROUP
  • アドアーズ
  • おてつだいネットワークス
  • 企業ロゴ
  • エイゴックス
  • セブンチケット
  • ちょびリッチ
  • DISK GARAGE
  • 日立建機日本株式会社
  • Fanplus
  • ネオファースト生命
  • きびだんご株式会社
  • 株式会社セブン銀行
  • 株式会社アスマーク
  • 株式会社エフ・ジェー・ネクスト
  • GMOリサーチ株式会社
  • 株式会社早稲田アカデミー
  • Media

    メディア掲載

  • payment navi
  • clnetJapan
  • BS日テレ
  • 日経コンピュータ
  • 財界
  • 金融経済新聞
  • 流通ネットワーキング
  • FINOLAB
  • INTERNET TENJIKAI
  • 展示会ドットコム
  • NEWSRELEA.SE
  • CyberSecurity.com
  • valuepress
  • PRERELE
  • BIGLOBE
  • excite
  • jiji.com
  • PR Times
  • Flow

    導入フロー

    • API版
    • ASP版

    お客様

    当社

    導入エリアの検討

    • 推奨導入箇所から着信認証導入箇所の選定
      (会員登録 / ログイン / 情報変更/イベント認証 / PW忘れ等)

    API版 お申込み

    • お申込書の提出

    ASPアカウント発行

    • ASPアカウント発行ページから発行手続き

    APIアカウントの発行

    • APIアカウント情報をご案内(最短1日)

    導入コンサルティング

    • 着信認証API版の導入に関するコンサルティング

    実装 / テスト

    • お客様環境での実装

    サービスイン

    ※ASP版はお申込み時に初回チャージ額5,000円(税込 5,500円)が必要になり ます

    faq

    F A Q

    01. 着信認証の効果的な導入エリア

    Sign up

    新規会員登録時

    単一ユーザーの多重会員登録を抑止します。

    Login

    サイトログイン時

    第三者の不正アクセスを抑止します。有料サービスにおける正規アカウントの複数ユーザ共有をも抑止し、アカウントの乗っ取りも防ぎます。

    Personal Information

    個人情報変更時

    なりすまし等によるユーザ情報の変更を抑止します。

    Event

    イベント認証等

    振込、ポイント交換、EC決済時等、サイト内での重要なイベント時の認証を強化できます。

    Reminder

    ID/PW忘れ時

    ID/PW/Mail等ユーザのアカウント忘れ時に着信認証で効率的に再設定可能です。問い合わせ対応件数や費用を大幅削減します。

    02. 仕様

    Specification

    着信認証の実装方法

    • API版
      API仕様書に基づき実装後、着信認証を導入できます。
    • ASP版
      サービス事業者の認証ページにタグ及びスクリプトを実装するだけで着信認証を導入できます。 サンプルプログラムをご提供する為、簡単に導入する事が可能です。

    管理ツールの提供

    認証ログの確認、条件抽出が可能な管理ツールを無償で提供致します。

    対応デバイスについて

    固定電話、携帯電話、PHS、IP電話、IP電話アプリ等、電話番号を持つ全てのデバイスが対象です。

    海外対応について

    日本国内のみならず、海外の電話番号についてもご利用頂けます。

    非通知コールについて

    非通知設定または184を付与してダイアル発信した場合、着信認証は行えません。

    着信認証番号(050番号)へのリダイアル、間違い電話について

    サービス運営会社様の着信認証実施手順を経由しなければサーバ側で通話を遮断します。
    着信認証利用回数としてカウントされない為、請求対象外となります。

    03. 他認証との違い

    Strengths

    認証強度

      本人の電話番号からダイアルする為、なりすましができません。悪意の第三者が送信元企業名を詐称して発生するフィッシング詐欺の対策として効果的です。

    利便性

    画面に表示されている番号にワンコール(タップ)するだけの1STEP認証です。

    対応デバイス

    固定電話やIP電話番号を含めたあらゆる電話番号に対応します。

    他認証に対する優位性

    その他、比較優位性についてはお打ち合わせにてご案内致します。是非こちらよりお問い合わせください。

    Contact

    お問合せ

    株式会社オスティアリーズ